身近な人が性暴力被害にあったら

詳しくはこちら


まずはお電話ください 性暴力救援ダイヤルNaNa


家族や友人など被害者・サバイバーの周囲の方へ

自分の大切な家族や友人が性暴力被害にあうと、動揺してしまい、どうしてあげたらいいのかと途方にくれてしまうことがあります。またなんとか家族だけで対応しようとして、かえってケアや支援が遅れてしまうこともあります。
性暴力被害の体験を乗り越えようとする人を支えるために、できることがあります。多くの人は、自分のことを大切に思ってくれる人とのつながりに支えられて、安全と安心を取り戻し、回復していきます。

できること
・「あなたが悪いのではない」と伝える
・被害者の話をそのまま受け止める
・被害者の意思を尊重する
・被害者にとって安心・安全な場所を見つける
・被害者をひとりにしない
・被害者が望んだ場合、相談機関についての情報提供

してはいけないこと
・動揺した自分の気持ちをそのまま被害者にぶつける
・批判したり、責めたり、決めつけたり、疑ったりする
・無理に話を聞き出そうとする
・むやみに身体に触る

言ってはいけないこと
・「忘れたほうがいいよ」
・「あなたの気持ちはわかるよ」
・「そんなはずはない」
・「あなたが不注意だった」
・あなたは〇〇するべきだった(「警察に届けるべき」「会社は辞めるべき」など)
・励まし(「あなたなら大丈夫」「あなたなら絶対できる」「頑張って」など)


家族や友人のご相談も受けています

そしてそばにいるあなたご自身もケアしましょう。怒りや罪悪感など、あなたが抱える気持ちについて、他の人からサポートを受けることも大切です。SARC東京では、家族や友人など周囲の方のご相談も受けています。


まずはお電話ください 性暴力救援ダイヤルNaNa


 

ja Japanese
X