SARC東京では、性暴力や性犯罪の相談をワンストップで、24時間365日受付けています。

tel性暴力救援ダイヤルNaNa
24時間ホットライン
03-5607-0799
(24時間365日受付)

こんな被害にあったら

  • 性器の挿入(レイプ・強姦)
  • からだに直接さわられた、性器を見せたりさわらせたりした(痴漢・強制わいせつ)
  • 隠れて写真や動画をとられた(盗撮)
  • 見られたくない性的な写真や動画をとられ、また本人の了解なく公開された(AV・ポルノ被害)
  • その他の性的な嫌がらせ
相手がよく知っている人でも、知らない人でも、どんな場所で起こったとしても、あなたが望まない性的な行為は性暴力です。

どうしよう、どこに相談していいかわからない。
そんな時はいつでもお電話をください。

私たちは、あなたのからだと心の支援をいたします。相談は匿名ですることができます。あなたの秘密は必ず守ります。
SARC東京は、急性期のワンストップセンター(1ヶ所ですべて相談できる場所)です。

必要な場所に私たち支援員が、あなたにつきそうことができます(= 同行支援)

①電話相談

あなたの話を聞いて、必要な支援を一緒に考えます。 まずは、性暴力救援ダイヤルNaNaナナにお電話ください。

☏03-5607-0799

(24時間365日受付)

②産婦人科紹介

被害にあってから72時間以内に飲むと妊娠の可能性が低くなる「緊急避妊ピル」の処方や、性感染症検査や証拠採取などの処置をしてもらいます。 受診費用は、公費負担制度(警察への届出必要、条件有)を受けられる場合があります。

③警察への通報

性犯罪には女性の警官が対応するようになってきましたが、警察への相談や被害の届け出は、あなたの意思を尊重します。 通報する警察署は、被害にあった場所の最寄りの警察署となります。

④専門家の紹介

SARC東京に協力している精神科医や弁護士の紹介について相談に応じます。弁護士による交渉や裁判などの手続きには費用がかかりますが、法テラスを通じて費用が軽減できるかどうかも相談できます。

Product

いつまで相談できるの?私たちはあなたにゆっくりより添います。

あなたの必要に応じて、私たちの支援ネットワークをご紹介しています。これらのところと連携をして、あなたの支援にあたります。

あなたはひとりではありません。
あなたが回復するまで、あせらず、ゆっくり、私たちはより添います。


*SANE:Sexual Assault Nurse Examiner(性暴力被害者支援看護職)の略。
心身に傷を負った性暴力の被害者に、適切なケアをする訓練を受けた女性の看護師・助産師・保健師たちのこと。


**相談機関:「公益社団法人被害者支援都民センター」「福祉事務所「児童相談所」などの専門相談機関

☏ 性暴力救援ダイヤルNaNa
24時間ホットライン
03-5607-0799
(24時間365日受付)

ホーム  被害にあったら  周囲の方へ  団体について  寄付のお願い  お問い合わせ  リンク集

© 性暴力救援センター・東京